通関士の仕事をするうえで必要な能力・スキル

通関士の仕事をするうえで必要な能力・スキル

このエントリーをはてなブックマークに追加  

通関士,仕事,能力,スキル,英語,エクセル

通関士の仕事は、主に通関手続きに必要な書類の作成・申告をすることになりますが、通関士としての知識以外にどういった能力・スキルが必要になってくるのでしょうか?

 

ここでは、通関士の仕事をするうえで必ず必要になってくる能力・スキルをご紹介させて頂きますので、特にこれから就職・転職を考えている方で「ちょっとこれは自分にないかも?」と感じる方は実際に働く前までにベースアップしておくようにしましょう。

英語スキル

通関業務で使用する書類の多くが英語で書かれており、また貿易専門で使用されている単語も多数あるため、英語に関するスキルは必須となります。もちろん英会話も出来ればそれにこしたことはありませんが、最低限の英語の読み書きは出来る必要があります。

 

また、求人の募集要項でもTOEIC600点以上英検準二級以上を挙げているところもありますので、通関士の資格は当然としてこれらの英語スキルも重要な要素となり得ます。

 

EXCEL(エクセル)やWORD(ワード)などが使えるパソコンスキル

通関士の仕事のほとんどがデスクワークと言っても過言ではなく、必然的にパソコンを使った仕事が多いと言えます。そして、書類のほとんどがEXCEL(エクセル)WORD(ワード)を使って作成、更新を行うため、Microsoft Office(EXCELやWORDがパッケージングされたオフィスツールの総称)が使いこなせる必要があります。

 

資格で言えばMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)が挙げられますが、MOSを取得していれば、採用の際に企業側も判断しやすくなりますので、持っていて損はない資格と言えます。

 

コミュニケーションスキル

先ほど、通関士の仕事のほとんどがデスクワークと言いましたが、残りの仕事としては他者との交渉ごとが多いため、必然的にコミュニケーションスキルが要求される場面が多くなります。相手が何を求めているかを推測し、物事を論理立てて正確に話せる技術があればベストですが、最低限、人と話してもキョドらないレベルは欲しいところです。
まぁ、これは通関士どうこうというよりは企業で働くには必須スキルであると言えます。



少しでもお役に立ちましたらシェアお願いします<(_ _)>

このエントリーをはてなブックマークに追加  

みんなが選んだ通関士の通信講座ランキングTOP3!

通関士,仕事,能力,スキル,英語,エクセル

フォーサイトの特徴

フォーサイトの教材は通信講座ではめずらしい全編フルカラーの視覚による記憶効果の高いオリジナルテキスト、専用スタジオで収録されたハイビジョン映像の講義DVDなど、とにかく教材のクオリティが非常に高いのが特徴です。
受講料については教材のクオリティに反してかなりの低価格設定となっており、そのギャップに驚かれる方も多いです。
なお、講座のカリキュラムについては、通関士の学習未経験の方でもムリなく合格に必要な学力を身に付けることが出来ます。


講座コース
  • 通関士 合格講座
受講料    49,800円
教材内容
  • 受講ガイド
  • テキスト 4冊
  • 講義DVD 7枚
  • 問題集 5冊
  • チェックテスト
  • 模擬試験
  • 戦略立案テキスト、及び講義DVD 1枚
  • 合格必勝テキスト、及び講義DVD 1枚
  • 確認テスト
受講生サポート
  • 質問サポート(Eメール)※20回まで無料
  • 学習カウンセリング
  • 合格祝賀制度(条件クリアでギフト券進呈)
  • Web学習システム「道場破り」の利用
  • フォローメルマガ
フォーサイトの総評

出題頻度の高い範囲に絞ってカリキュラムが構成されているがために、その学習量の少なさに不安を覚える受講生もおられるようです。 しかし、補強教材を取り入れずに合格されている方も多くおられるので、その辺はフォーサイトを信じてカリキュラムをこなしていけばよいと思います。(不安な場合は、「通関士完全攻略ガイド」などの網羅的に範囲をカバーしている参考書を1つ買っておいて読み進めるのも手段の一つと言えます。)
また、講義付きの通信講座としては業界最安水準の価格となっており、割引キャンペーンも頻繁に行われてますので、リーズナブルな通信講座をお探しの方には特におすすめの講座と言えるでしょう。

通関士,仕事,能力,スキル,英語,エクセル

クレアールの特徴

本試験の傾向を踏まえて作成されたテキストと通関士受験界のカリスマ講師である片山立志講師による質の高い講義でインプットを行い、演習や模擬試験でしっかりとアウトプットすることで短期間で合格するための学力を身に付けることが出来ます。
また、弱点補強のオプション講座や独学者にはうれしい単科講座も充実してますので、幅広くニーズに応えることが可能です。


講座コース 【メイン講座】
  • 通関士合格コース
【オプション講座】
  • 解法マスター演習講座
  • 通関実務特訓講座
  • 重要論点総まとめ講座
【単科講座】
  • 法令改正講座
  • 通関実務特訓講座
  • 公開模擬試験
受講料    69,000円〜
教材内容 【テキスト・問題集】
  • テキスト 3冊
    (関税法/関税定率法/通関業法・通関実務)

  • 法令集・テーマ別問題集 1冊
  • 実力診断課題(添削課題) 6回分
  • 直前模擬試験問題集 1冊
  • 法改正レジュメ
  • 公開模擬試験 1回分
  • 学習ガイド
【講義】
  • 基本マスター講座(関税法)(全18回)
  • 基本マスター講座(関税定率法等)(全8回)
  • 基本マスター講座(通関業法)(全4回)
  • 基本マスター講座(通関実務)(全4回)
  • 法令改正講座(全1回)
  • 公開模擬試験(全1回)
※教材内容は通関士合格コースより抜粋
受講生サポート
  • 回数無制限の質問サポート(Eメール/郵送/FAX)
  • 学習カウンセリング
  • 添削指導
  • スクーリング(オプション)
クレアールの総評

クレアールの通関士講座の推しポイントとしては、通関士受験界のカリスマである片山立志講師が全面プロデュースしている点が挙げられます。 片山講師は、通関士の受験業界を開拓した第一人者であり、多数の受験対策本の出版や講師としての指導実績も豊富で、通関士受験生の中では“通関士受験指導の神様”として慕われている方なんですね。
そのカリスマの指導ノウハウとクレアールのコンセプトである合格必要得点範囲を短期間で狙う非常識合格法が合わさってますので、非常に内容の濃い通信講座になっていると言えます。
受講費用も大手資格スクールに比べるとかなりお手頃な価格となってますので、通信講座を受けたいけど予算的が厳しい方もクレアールなら手が出せる範囲になってくると思います。
なお、講座パンフレットを資料請求すると、
無料でセミナーDVDがもれなくもらえますので、こちらで合う合わないをチェックしてから受講判断をするのがベストですね。

通関士,仕事,能力,スキル,英語,エクセル

TACの特徴

TACは、講師・カリキュラム・教材に力を入れ、高い合格率の実績を持つ大手の資格スクールです。全国に直営校22校舎と提携校16校舎を持っており、そのほとんどが駅から近くの好立地の場所にあります。
TACの通関士講座の特徴としては、戦略的カリキュラム、頼れる精鋭講師陣、問題的中率の高いオリジナル教材にあり、多くの通関士受験生から支持を受けてます。


講座コース
  • 総合本科生S
  • 総合本科生
  • 短期合格講座
  • 上級本科生
  • 答練パック
受講料   62,000円 〜 273,000円
教材内容 【テキスト・問題集】
  • 受講ガイド 1冊
  • 基本テキスト 3冊
  • 応用テキスト 2冊
  • 通関士過去問スピードマスター 1冊
  • 貨物分類暗記ノート 1冊
  • 法律改正点レジュメ 1冊
  • ミニテスト 25回分
  • 基礎答練問題・解答冊子 3回分(添削付き)
  • 直前答練問題・解答冊子 4回分(添削付き)
  • 公開模試問題・解答冊子 1回分(添削付き)

【講義】
  • 基本講義(全25回)
  • 通関実務応用講義(全11回)
  • 基礎答練解説講義(全3回)
  • 直前答練解説講義(全4回)
  • 法律改正点講義(全1回)
※総合本科生の教材内容より抜粋しております
受講生サポート
  • 回数無制限の質問サポート(メール/質問カード)
  • 添削指導
  • 自習室の利用
  • スクーリング
  • Web学習システム「i-support」の利用
  • 教室講義をWebで受講(オプション)
TACの総評

TACの他の資格スクールにない強みとして資格学校としての利点をフル活用している点だと管理人は考えます。自習室の利用や通関士の生講義が受けられるスクーリング制度など、実際に学校に行ってサポートが受けられる点は通信で独学に近い形で学習している状況を考えると非常に有意義なサポートだと言えます。 なお、受講料に関しては少々受講料が高めに設定されてますが、講座カリキュラム、サポートに見合った金額と思いますので、キッチリやれば不合格になる可能性は限りなくゼロに近いと思います。
ある程度予算のある方、何が何でも合格したい方は覚悟を決めて受講するのもアリだと思います。