時間の作り方と使い方

勉強時間の作り方と使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加  

通関士,試験対策,勉強法,サラリーマン

通関士の試験対策というよりは、資格試験全般の話になりますが、働いている方であれば机に向かって勉強する時間というのは日にせいぜい2時間位だと思います。

 

毎日2時間をコンスタントに勉強出来れば、「通関士の試験合格に必要な勉強時間」の記事でもご紹介している通り、9ヶ月もあれば試験に合格できるレベルまでは学力を上げることができるでしょう。

 

ただし、働いていれば残業が続く期間、土日も仕事になるケースも往々にしてあり、机に向かって勉強する時間が取れないことはザラにあると思います。

 

このような状況を加味すると、いかにして机に向かって勉強する時間以外の時間を勉強にあてれるかがポイントとなってきます。

 

よく通勤時間を勉強にあてることを例に出されることが多いですが、もう少し掘り下げてどういった時間を勉強に充てることができるか、そしてその充てた勉強時間でどういったことを勉強すればよいかを管理人の実体験をもとにご紹介したいと思います。

 

日々の中で絞り出せる勉強時間

日中は仕事をしているという前提で、朝起きてから夜寝るまでの間で勉強にあてることが出来る場面をまとめてみました。
※一応、机に向かって勉強する時間は除いてます。

 

勉強出来そうな場面 勉強時間
@:ちょっと早起きして出勤するまでの時間 30分
A:通勤/帰宅時の電車/バスに乗ってる時間 60分
B:お昼休みの時間 30分
C:寝る前のベッドの中 10分

 

まぁ、寝る前の時間に関しては、経験上、本を読みだした瞬間落ちしてしまうことが多かったので10分持てばいい方だと思いますが、残りの時間を足せば大体ノルマの2時間は捻出できる計算です。
ちなみに管理人の場合は、
@:起きれない
B:休憩時間が短い
C:本を開くとすぐ落ちる(笑
という理由により、消去法でAを有効活用するようにしてました。

 

で、ここからはAのマル秘テクニックになってきますが、通勤時間そのものを引き延ばすことにより、2倍、またはそれ以上の勉強時間を作り出すことが出来ます。

 

具体的には以下のような行動を取れば実現可能です。
※管理人の奇行も混じっているため、参考になる方は実践してみてください^^

わざと時間のかかる通勤ルート/電車・バスにする

これは、たまたま管理人がそういう状況だったということもありますが、電車であれば快速や急行で通勤する場合は、あえて少し早めに家を出て各駅停車の電車に乗り通勤時間そのものを延ばすようにしてました。
さらに末期になってくると、各駅停車の電車+座って勉強したい、という理由でわざわざ確実に座れる駅まで逆方向に行ってから通うといった奇行を行うまでになってましたwww

 

もちろん行きも帰りもだったので、勉強時間としては電車の中だけで2時間以上はキープが可能となっておりました。あと、上記の「@:ちょっと早起きして出勤するまでの時間」に関しても結果的に通勤時間とトレードが出来ているため、@もまかなえている結果であるとも言えます。

すぐに家に帰らずに寄り道する

これは何かと言いますと、帰宅途中の電車内での勉強がかはどってしまった場合、家に帰ってからだと風呂→ご飯とインターバルが空いてしまい流れが悪いケースがあります。
そういう場合は、まっすぐ家には帰らずに駅近くの喫茶店にそそくさと入店し、キリがいいところまでやり切るといった行動を取ってました。

 

ノリまくっている時はコーヒー1杯で3時間近くいたこともあり、店員さんに冷ややかな視線を送られたことも今となってはイイ思い出となってます。

 

特に管理人の場合は、家で勉強するのが苦手(というよりは家は誘惑が多い)であったため、家の外にいる時間のなかで勉強時間を作っておりました。

 

作り出した勉強時間をどう使っていくか?

前述の項でご紹介した勉強時間の作り方を駆使すれば、机に向かう時間以外に勉強時間を確保することが可能となりますが、この勉強時間をどのようにすれば効果的に使うことが出来るかという点もサラリーマン受験生にとっては重要な課題となります。

 

試験対策においては、大別するとインプット(読む/見る/聞く)とアウトプット(主に書く)に分けることが出来ますが、どの場面でインプット/アウトプットするかを決めておけば効率よく学習を進めることが出来ます。

 

具体例として、先ほどの捻出した勉強時間(管理人ベース)+自宅での勉強時間を踏まえてそれらを当てはめてみましょう。

 

勉強出来る場面 勉強内容
通勤電車(行き) 通関業法、関税法等の科目での暗記モノのインプット中心に学習。講座を利用している場合は、スマホで講義を視聴するのが有効
通勤電車(帰り) 「行き」の続き
寄り道(喫茶店) 関税に関する計算問題や通関書類の作成問題などの腰を据えて勉強する必要がある範囲
自宅(机) 「喫茶店」の続き、もしくは過去問/演習問題などのアウトプット中心

 

もちろん、学習の進み具合や時期に応じて勉強する内容やその配分は変わってきますが、1日の中でインプットとアウトプットを織り交ぜながら学習を行うと、記憶の定着もしやすくなりますので学習効率も高まると言えるでしょう。

 

まぁ、これはほんの一例とも言えますので、「どこで何をするか?」については、アナタの捻出できる時間/場面と勉強の進み具合に応じて計画してみましょう。



少しでもお役に立ちましたらシェアお願いします<(_ _)>

このエントリーをはてなブックマークに追加  

みんなが選んだ通関士の通信講座ランキングTOP3!

通関士,試験対策,勉強法,サラリーマン

フォーサイトの特徴

フォーサイトの教材は通信講座ではめずらしい全編フルカラーの視覚による記憶効果の高いオリジナルテキスト、専用スタジオで収録されたハイビジョン映像の講義DVDなど、とにかく教材のクオリティが非常に高いのが特徴です。
受講料については教材のクオリティに反してかなりの低価格設定となっており、そのギャップに驚かれる方も多いです。
なお、講座のカリキュラムについては、通関士の学習未経験の方でもムリなく合格に必要な学力を身に付けることが出来ます。


講座コース
  • 通関士 合格講座
受講料    49,800円
教材内容
  • 受講ガイド
  • テキスト 4冊
  • 講義DVD 7枚
  • 問題集 5冊
  • チェックテスト
  • 模擬試験
  • 戦略立案テキスト、及び講義DVD 1枚
  • 合格必勝テキスト、及び講義DVD 1枚
  • 確認テスト
受講生サポート
  • 質問サポート(Eメール)※20回まで無料
  • 学習カウンセリング
  • 合格祝賀制度(条件クリアでギフト券進呈)
  • Web学習システム「道場破り」の利用
  • フォローメルマガ
フォーサイトの総評

出題頻度の高い範囲に絞ってカリキュラムが構成されているがために、その学習量の少なさに不安を覚える受講生もおられるようです。 しかし、補強教材を取り入れずに合格されている方も多くおられるので、その辺はフォーサイトを信じてカリキュラムをこなしていけばよいと思います。(不安な場合は、「通関士完全攻略ガイド」などの網羅的に範囲をカバーしている参考書を1つ買っておいて読み進めるのも手段の一つと言えます。)
また、講義付きの通信講座としては業界最安水準の価格となっており、割引キャンペーンも頻繁に行われてますので、リーズナブルな通信講座をお探しの方には特におすすめの講座と言えるでしょう。

通関士,試験対策,勉強法,サラリーマン

クレアールの特徴

本試験の傾向を踏まえて作成されたテキストと通関士受験界のカリスマ講師である片山立志講師による質の高い講義でインプットを行い、演習や模擬試験でしっかりとアウトプットすることで短期間で合格するための学力を身に付けることが出来ます。
また、弱点補強のオプション講座や独学者にはうれしい単科講座も充実してますので、幅広くニーズに応えることが可能です。


講座コース 【メイン講座】
  • 通関士合格コース
【オプション講座】
  • 解法マスター演習講座
  • 通関実務特訓講座
  • 重要論点総まとめ講座
【単科講座】
  • 法令改正講座
  • 通関実務特訓講座
  • 公開模擬試験
受講料    69,000円〜
教材内容 【テキスト・問題集】
  • テキスト 3冊
    (関税法/関税定率法/通関業法・通関実務)

  • 法令集・テーマ別問題集 1冊
  • 実力診断課題(添削課題) 6回分
  • 直前模擬試験問題集 1冊
  • 法改正レジュメ
  • 公開模擬試験 1回分
  • 学習ガイド
【講義】
  • 基本マスター講座(関税法)(全18回)
  • 基本マスター講座(関税定率法等)(全8回)
  • 基本マスター講座(通関業法)(全4回)
  • 基本マスター講座(通関実務)(全4回)
  • 法令改正講座(全1回)
  • 公開模擬試験(全1回)
※教材内容は通関士合格コースより抜粋
受講生サポート
  • 回数無制限の質問サポート(Eメール/郵送/FAX)
  • 学習カウンセリング
  • 添削指導
  • スクーリング(オプション)
クレアールの総評

クレアールの通関士講座の推しポイントとしては、通関士受験界のカリスマである片山立志講師が全面プロデュースしている点が挙げられます。 片山講師は、通関士の受験業界を開拓した第一人者であり、多数の受験対策本の出版や講師としての指導実績も豊富で、通関士受験生の中では“通関士受験指導の神様”として慕われている方なんですね。
そのカリスマの指導ノウハウとクレアールのコンセプトである合格必要得点範囲を短期間で狙う非常識合格法が合わさってますので、非常に内容の濃い通信講座になっていると言えます。
受講費用も大手資格スクールに比べるとかなりお手頃な価格となってますので、通信講座を受けたいけど予算的が厳しい方もクレアールなら手が出せる範囲になってくると思います。
なお、講座パンフレットを資料請求すると、
無料でセミナーDVDがもれなくもらえますので、こちらで合う合わないをチェックしてから受講判断をするのがベストですね。

通関士,試験対策,勉強法,サラリーマン

TACの特徴

TACは、講師・カリキュラム・教材に力を入れ、高い合格率の実績を持つ大手の資格スクールです。全国に直営校22校舎と提携校16校舎を持っており、そのほとんどが駅から近くの好立地の場所にあります。
TACの通関士講座の特徴としては、戦略的カリキュラム、頼れる精鋭講師陣、問題的中率の高いオリジナル教材にあり、多くの通関士受験生から支持を受けてます。


講座コース
  • 総合本科生S
  • 総合本科生
  • 短期合格講座
  • 上級本科生
  • 答練パック
受講料   62,000円 〜 273,000円
教材内容 【テキスト・問題集】
  • 受講ガイド 1冊
  • 基本テキスト 3冊
  • 応用テキスト 2冊
  • 通関士過去問スピードマスター 1冊
  • 貨物分類暗記ノート 1冊
  • 法律改正点レジュメ 1冊
  • ミニテスト 25回分
  • 基礎答練問題・解答冊子 3回分(添削付き)
  • 直前答練問題・解答冊子 4回分(添削付き)
  • 公開模試問題・解答冊子 1回分(添削付き)

【講義】
  • 基本講義(全25回)
  • 通関実務応用講義(全11回)
  • 基礎答練解説講義(全3回)
  • 直前答練解説講義(全4回)
  • 法律改正点講義(全1回)
※総合本科生の教材内容より抜粋しております
受講生サポート
  • 回数無制限の質問サポート(メール/質問カード)
  • 添削指導
  • 自習室の利用
  • スクーリング
  • Web学習システム「i-support」の利用
  • 教室講義をWebで受講(オプション)
TACの総評

TACの他の資格スクールにない強みとして資格学校としての利点をフル活用している点だと管理人は考えます。自習室の利用や通関士の生講義が受けられるスクーリング制度など、実際に学校に行ってサポートが受けられる点は通信で独学に近い形で学習している状況を考えると非常に有意義なサポートだと言えます。 なお、受講料に関しては少々受講料が高めに設定されてますが、講座カリキュラム、サポートに見合った金額と思いますので、キッチリやれば不合格になる可能性は限りなくゼロに近いと思います。
ある程度予算のある方、何が何でも合格したい方は覚悟を決めて受講するのもアリだと思います。